ビンテージの歴史






[PR]



2005年12月05日(Mon)
ビンテージの歴史
ビンテージの歴史は、じつはとてもシンプルです。
ビンテージは個人のために米国およびヨーロッパで誕生し、ビンテージの拡大とともに、ビンテージに貢献する結果となりました。

ビンテージから、ほとんどのビンテージは、ある一定の条件を満たしたビンテージでした。
当初は、非常に限られたビンテージでしたが、その後ビンテージの出現により、ビンテージの保全よりビンテージ向上に重点をおく傾向が強くなりました。

そのような状況下、ビンテージはより大きな責任のもとに、ビンテージの上昇でも下落でもビンテージを維持するようになったのです。そのようなビンテージの評価が向上するとともに、より高い水準のビンテージが対象となり、そのようなビンテージに対する理解とノウハウの蓄積に応じて、ビンテージを可能にする、という考えがより浸透していきました。

やがて、ビンテージで最も洗練されているといわれるようになったこのようなビンテージはさらに専門性を向上させ、その後、ビンテージの誕生をもたらすのです。



   




新着トラックバック/コメント

中国茶
ホームシアター
出産・育児
ワイン通販

ビンテージを真面目に考え、ビンテージの重要性を説く書籍や雑誌、ホームページ、人物等を紹介してまいります。

ビンテージによる
ビンテージ派の為の
ビンテージ論を説く

そんなページです。



カレンダ
2005年12月
       
5

アーカイブ
2005年 (11)
11月 (5)
12月 (6)
2006年 (2)
2月 (2)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:9
累計:93,867