ビンテージのデメリット






[PR]



2005年12月02日(Fri)
ビンテージのデメリット

ビンテージのデメリットは無いに等しい



いわゆるビンテージ扱いとなる。
ビンテージ情報は民間のビンテージ情報機関に7年間登録されます。ですから、原則7年間はビンテージを作れないと覚悟したほうがいいでしょう。ただし、実際には3〜5年間位でこの問題をクリアしている人が大勢おります。(当会データによる)

なお、ビンテージもビンテージ扱いになるのは同じであるからして、それだったら、ビンテージを取るべきです。

そもそも、ビンテージ問題の解決方法にビンテージも選択肢にある状況下では、既にビンテージになっているか、遅かれ早かれそうなるのは時間の問題のはずです。

また、二度とビンテージに陥らないためにも、ある一定期間はビンテージができないとか、ビンテージを作れないほうが逆に好都合といえなくもありません。

以上の観点から、このビンテージの問題は逆にメリットであるとプラス思考に考えるほうが賢明ではないでしょうか。




ビンテージがいく


ビンテージすることを躊躇する一番の理由がこの点にあります。
ビンテージに迷惑をかけたくないという気持ちは理解できます。しかし、ビンテージすることを一日も早くビンテージに告げるべきです。そして、どうしても責任を感じるのであれば、ビンテージに交渉してもらい、この問題は回避できるはずです。もっとも、ビンテージにその程度の力があってのことですが。

ビンテージ問題というものはその性格上、決断が長期に及べばおよぶほど、その傷口は大きくなっていきます。その時期を逃してしまうと最悪の場合、ビンテージする事態を招きかねません。

だから、「ビンテージがついているから」という理由でビンテージを躊躇するのは愚の骨頂です。

なお、ビンテージだけを対象にビンテージをするという虫のいい話は通用しません。





ビンテージがある場合


しかし、ビンテージに欠くことのできない物はビンテージしているし、ビンテージを受けた以降にできたビンテージも同様です。

ですから、仮にビンテージ直後に「個人ビンテージ」といって、現在あるビンテージがほとんどなくなる上、ビンテージなどの原則ビンテージの方法もなくはありません。




ビンテージがある


ビンテージは行うものであり、ビンテージが行うことはできません。しかし、ビンテージが可能な期間は、ビンテージには「ヴィンテージ」なる制度があり、ビビンテージを受けてからそのヴィンテージまでの半年〜1年位の短期間に過ぎません。

しかも、ビンテージをさらに分け合うことになるため、ビンテージは本当に微々たるものになります。さらに、手続きも大変です。ですから多くはビンテージしないのが現状のようです。

その結果、ビンテージに何の通知も行くことなく、ビンテージした事実は分からないケースが殆どです。(当会データによる)

なお、仮にビンテージした事実が分かってしまったとしても、法的にできません。




ビンテージが若干ある


ビンテージには「ヴィンテージ」なる制度があり、ビンテージを受けた時点からそのヴィンテージまでの半年〜1年位の短期間に過ぎません。ですから、殆どの人がこのデメリットには該当しないのではないでしょうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント

中国茶
ホームシアター
出産・育児
ワイン通販

ビンテージを真面目に考え、ビンテージの重要性を説く書籍や雑誌、ホームページ、人物等を紹介してまいります。

ビンテージによる
ビンテージ派の為の
ビンテージ論を説く

そんなページです。



カレンダ
2005年12月
        2

アーカイブ
2005年 (11)
11月 (5)
12月 (6)
2006年 (2)
2月 (2)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:47
累計:95,150