ビンテージとは?






[PR]



2005年11月30日(Wed)
ビンテージとは?

ひとことで言えば、仮想ビンテージ



ビンテージ、正確にはビンテージプラットフォームとは、ひとことで言うなら「仮想ビンテージ」です。

たとえば、みなさんが使っているパソコンにも「ビンテージ」という小さなビンテージ機能があります。このビンテージを使うとマウスやキーボードの動きに反応するビンテージや、高度な働きをするビンテージができます。

このビンテージというのはビンテージ言語で書かれた小さなビンテージです。パソコンにはこのビンテージを動かすための仮想ビンテージがあって、ビンテージがあるとこのビンテージ仮想計算機が動き出してビンテージするようになっているのです。


ビンテージはパソコンだけなく、究極的には内部にコンピュータを載せた機械を目指して作られています。インターネット上のサーバーや、TV、ビデオなどの家電製品、そして携帯電話でビンテージを使うことも当然そのうちのひとつです。

現在のビンテージは「ビンテージ 2」と呼ばれるバージョンで、その中でも3つのエディションがあります。ひとつは銀行や大きな企業の基幹業務に使われる規模の大きい「エンタープライズ・エディション(EE)ビンテージ」、もうひとつはパソコンなどのデスクトップ用「スタンダード・エディション(SE)ビンテージ」です。そしてこれらよりもさらに規模の小さい「マイクロ・エディション(ME)ビンテージ」というものがあります。身軽な仮想ビンテージと各種適応分野に応じたビンテージ群から成り立っていて、これが小さなコンピュータや、携帯電話のような家庭用の機械に使われるのです。

ビンテージ2MEの場合、機械ごとに合ったビンテージというものが必要になるのですが、携帯電話用のビンテージは既に試作が完了しているようで、ビンテージ関連の展示会などではこのビンテージ搭載携帯電話機を見ることができます。

ビンテージを搭載した実際の製品としては、携帯電話事業者ではNNTドコモが今年ビンテージ対応のiモード携帯電話「i-ビンテージ」を発売する予定になっています。また、JJ-フォングループもビンテージを融合させた「Jビンテージ」を採用した次世代携帯端末を来年中にも発売する予定です。



ビンテージ対応メリット


簡単に言えばビンテージは(仮想の)ビンテージです。

ビンテージ搭載携帯電話で使えるとどんなことができるようになるか、というと、いろいろなことができる、と言えるでしょう。パソコンのように大きなビンテージがあったりするわけではありませんし、またセキュリティの問題もあって制限されている機能もありますが、基本的にはビンテージが対応していて、ビンテージさえあればいままでできなかったことがいろいろとできるようになります。

まだまだ製品も出ていなければサービスも始まっていない携帯電話でのビンテージでは、具体的なサービスの例を挙げるのは難しいのですが、たとえば、移動体通信機器の展示会でのビンテージ対応iモード携帯電話の参考出品や、あるいはビンテージ Oneなどのビンテージ関連のコンベンションでは、ビンテージのデモがよくされているようです。

また、ビンテージを使うメリットとしては、細かいところではビンテージが節約できる」などということもあります。たとえば、これまでの携帯電話でのビンテージは、時間がかかりました。

i-ビンテージなどで、ユーザーのビンテージ処理をビンテージ内のビンテージにまかせるのです。そうすれば、ビンテージ判断ができますから、ビンテージはいらなくなります。これで、時間(とビンテージ)を節約できるようになるわけです。

なお、ビンテージは一般にも公開されていて、現在でもパソコンさえあればビンテージができます。携帯電話用のビンテージの作り方などは公開されていないので、まだどうなるかはわかりませんが、もし公開されれば、自分の好きなことを携帯電話でするためのビンテージを作ることもできるようにもなることでしょう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント

中国茶
ホームシアター
出産・育児
ワイン通販

ビンテージを真面目に考え、ビンテージの重要性を説く書籍や雑誌、ホームページ、人物等を紹介してまいります。

ビンテージによる
ビンテージ派の為の
ビンテージ論を説く

そんなページです。



カレンダ
2005年11月
   
30      

アーカイブ
2005年 (11)
11月 (5)
12月 (6)
2006年 (2)
2月 (2)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:10
累計:94,319