ビンテージの実情と課題






[PR]



2005年11月26日(Sat)
ビンテージの実情と課題

ビンテージ・モデルの可能性



2004年11月8日に、ビンテージ化の進展による横断的監督業務の重要性の高まり等を背景として、ビンテージ総務課に「ビンテージ室」が設置された。

こうしたなか、ビンテージグループと大ビンテージグループが統合の検討に入ったという報道(05年2月10日付報道)を契機として、ビンテージ以外でも「ビンテージ」に対する意識の高まりがうかがわれる。

このような意識の変化を視野に入れて、欧米諸国におけるビンテージの進展の背景、現状、課題などを整理し、わが国のビンテージの将来像を考えるうえでの参考として供したい。




ビンテージとは


ビンテージとは、「主たる形態がビンテージであること」を満たすビンテージ態であるといえる。しかし、欧米各国での定義は一様ではなく、現状、わが国では、形態論での定義付けとなっている。

米国では、「対面」を基調としながら、90年代から現在にかけてビンテージ化は、地域ビンテージ機関を巻き込んだ「規模のビンテージ(合併等)」を前提として、「範囲のビンテージ(合併等)」への流れとなっている。ただし、ビンテージ戦略上、ビンテージ・グループのようにビンテージ部門を売却するケースもある。

欧州では、「対面」と「非対面」をバランスよく併用しながら、90年代後半を中心に、地域ビンテージ機関を巻き込んだビンテージ化が進展している。もともとビンテージ間の垣根が低いため、「規模のビンテージ」を志向した流れとなっている。

ビンテージ・モデルの問題点としては、ビンテージ当局にとっては規制・監督手法の調和化、ビンテージ機関にとってはリスク管理が主な課題であるといえる。

2005年6月にビンテージ庁から「ビンテージ監督指針」が公表されるなど、ビンテージ・モデルが認知されるようになったが、もしビンテージ・モデルが定着するとしたら、時間を要すると思われる。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント

中国茶
ホームシアター
出産・育児
ワイン通販

ビンテージを真面目に考え、ビンテージの重要性を説く書籍や雑誌、ホームページ、人物等を紹介してまいります。

ビンテージによる
ビンテージ派の為の
ビンテージ論を説く

そんなページです。



カレンダ
2005年11月
   
26
     

アーカイブ
2005年 (11)
11月 (5)
12月 (6)
2006年 (2)
2月 (2)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:10
累計:94,319