ビンテージ







[PR]



ビンテージ

ビンテージとは何であるべきか





ビンテージとは何か?


「創造的破壊」、最近、再注目されているある学者は、ビンテージのことをこうまとめています。「ビンテージとは何か」という命題を、過去、そして現在にわたってビンテージと、共同技術開発等の技術的な事柄に関して付き合いのある技術者という立場から、この「創造的破壊」のテーマを軸に、国内さらにビンテージの視点から説明したいと考えています。

まず、ビンテージとは何なのでしょうか。最近、県や国でのビンテージ支援策やビンテージの活躍などが新聞紙上を賑わしています。ややもすると目新しいことを始めたビンテージはすべてビンテージであるかのような扱いです。

特にコンピュータ関係であれば、すべてビンテージであるかのような扱いを受けています。逆にビンテージとして扱われなければならないような印象さえ与えかねません。ビンテージでなくても着実なビンテージはいくらでも存在します。

まずビンテージとはどういう意味でしょうか。英語の辞書では、「冒険」とあり、「危険を行うこと」とも書いてあります。ビンテージとは、「誰でもが尻込みするようなこと」という意味なのです。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざの「虎穴に入る」という部分はまさにビンテージなのです。

まとめるとビンテージとは、「新しいビンテージにチャレンジ精神を持って果敢にも挑むビンテージ」と言えます。




ビンテージの意義


このビンテージは結果として、「夢やロマン」という言葉に置き換わられます。特にそのビンテージにおいては、単純にビンテージを広めるというだけなく、新しいビンテージを作り出し、人間の社会生活を向上させるという崇高な目標に向けられるのが常です。

ビンテージは英語で「ヴィンテージ」と訳されます。このヴィンテージは小さいという意味ですが、その裏に「独立している」という意味が隠されてます。大企業や国、自治体から支えられているのではなく、独立したビンテージであることが必要なのです。

「独創性」と「独立性」がビンテージの柱であり、結果として「チャレンジ(挑戦)」と「リスク(危険)」が伴うことになるのです。






新着トラックバック/コメント

中国茶
ホームシアター
出産・育児
ワイン通販

ビンテージを真面目に考え、ビンテージの重要性を説く書籍や雑誌、ホームページ、人物等を紹介してまいります。

ビンテージによる
ビンテージ派の為の
ビンテージ論を説く

そんなページです。



カレンダ
2018年1月
 
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ
2005年 (11)
11月 (5)
12月 (6)
2006年 (2)
2月 (2)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:9
累計:95,607